[smartslider3 slider=2]

そもそも別れさせ屋とは?

昨今別れさせ屋の仕事は増加し、現在は専門の業者もあります。別れさせ屋とはなぜ、人気があるのでしょうか。そもそも、一体どういった仕事なのでしょうか。

別れさせ屋のイメージには、どんなものがありますか。裏工作は卑怯な気がする。恋愛とは、そんな方法でするものではない。縁があればうまくいくはず。など、残念ながら否定的なイメージがいくつもあります。

しかし、昨今別れさせ屋の仕事は増加し、現在は専門の業者もあります。別れさせ屋とはなぜ、人気があるのでしょうか。そもそも、一体どういった仕事なのでしょうか。

 

当サイト運営者「ヒロセ」の自己紹介&体験談はこちらです→運営者の自己紹介

 

1 人気がある理由

想像してください。パートナーの浮気に気づいたあなたは、今後どのように生活していきたいですか。別れを決め離婚するのも1つの方法ですし、実家や友人宅で離れて考えるのも、一時的な方法としては有効でしょう。

しかし、どちらの方法でも現在の生活からは大きく変化します。また、親戚や友人に知られることで関係も変わります。

 

そんな時に頼れるところが、別れさせ屋です。読んで字のごとく、人と人との縁を切るのが別れさせ屋です。状況や依頼人によって様々ですが、基本的には、恨みや怒りが残るような解決方法ではなく、平和的解決が望めます。

その結果、ストーカーや報復などの、犯罪行為という2次災害も防ぐことができます。

 

2 別れさせ屋の仕事

別れさせ屋は探偵とは違います。以前、探偵所や興信所では、男女トラブルを解消するために、不倫相手との関係を壊し、夫婦関係の修復をしていました。これが、今の別れさせ屋の起源ではないかといわれています。

まず、別れさせ屋は探偵とは違います。以前、探偵所や興信所では男女トラブルを解消するために、不倫相手との関係を壊し夫婦関係の修復をしていました。これが、今の別れさせ屋の起源ではないかといわれています。

しかし、現在では探偵所、興信所や別れさせ屋に悪徳業者が増加しており、むやみに金銭をとる業者や、さらに事態が複雑化するような仕事をする業者が増えてしまいました。別れさせ屋などの業者に、嫌なイメージがあるのはこういったことが影響していると考えられます。

 

別れさせ屋は依頼人の望む関係性を構築できるよう一定の人物を別れさせるのが仕事です。そのため、関わる人間に精神的ダメージやあとあとストーカーや復讐などに発展しないよう努めます。別れさせ工作内容としては、以下のような事例があります。

 

事例 夫と不倫相手を別れさせたい場合

不倫相手の行きつけの飲み屋や、ジム、電車や職場の前などへ何度も足を運び「見たことのある人」という位置付けへしていきます。

その後、タイミングを見計らい、仕掛け人はターゲットへ声をかけます。きっかけはさりげないことが多いです。物を落とした、道に迷ったなどで声をかけたのちに「以前にもどこかで会っていませんか?」などと会話を進めていきます。

その後も2度、3度と顔を合わせ、タイミングを見計らって食事へ誘います。

 

初対面の壁を乗り越えれば、あとはそのままゆっくり「運命」をちらつかせながら逢瀬を重ねていきます。所帯をもち未来も無い、お小遣いも限られた男性よりも、偶然が重なり、運命を感じた羽振りも良く外見もタイプな男性、どちらを選ぶかは誰もが予想出来るでしょう。

 

ここまでくれば、別れさせ屋の仕事は仕上げに入ります。不倫相手とデート回数を増やし、物理的に依頼人の夫と会う時間を減らします。あとは自然消滅、もしくはきちんと別れてもらい、別れさせ完了です。工作員は、その後不倫相手が、再び連絡を取ることの無いよう、連絡先の消去や、気持ちをこちらへ向けつつ、ゆっくり行方をくらまします。

 

なお、こういった工作に入る前には必ず事前調査が入ります。行きつけの場所や、本人の好み、行動する時間帯などを綿密に知るためです。そのため、別れさせ屋や復縁の工作は、調査系の事業よりも割高です。

この業界は、基本賃金が設定されていません。そのため、依頼する会社によってシステムは大きく変わり、内容も異なりますが、だいたい1ヶ月半〜3ヶ月の期間で着手金に50〜100万円、成功報酬として着手金の半額くらいを支払います。(金額が逆の場合や、完全成功報酬の場合などもあります)

 

これが、基本的な別れさせ屋の業者が行っている事業です。では、悪徳業者は何が違うのか。どういった点に気をつければいいのでしょうか。

 

 

こんな業者には気をつけて!

 

まず、別れさせ屋は違法ではありません。しかし、手段を間違えれば法律に触れることになります。もちろん、そのような工作が行われていた場合、知らなかったとはいえ、依頼者であるあなたも加担したことになります。そこで、注意したい条件について知っておきましょう。

 

1 探偵業の届け出がされていない

探偵の仕事には、探偵業法という法律で定められています。これは、こういった業種の方々は仕事を始め次第速やかに手続きを行わなければなりません。

しかし、悪徳業者の場合はもちろん手続きはしていません。何か不測の事態があった時、足がつかないようにしています。

なお、手続きの行われていない業者が調査を行うことが違法行為です。

 

2 公序良俗に違反する工作を行っている

民法に違反する行為はもちろん処罰の対象です。公序良俗としてあげられる例としては、肉体関係をもつ、暴力行為、既婚者との婚約があります。

そのため、ほとんどの業者は婚約している夫婦の別れさせ屋はしておりません。もし請け負ってくれるという業者は、注意が必要です。

 

少しでも気になったことがある場合は、弁護士や警察、もしくは別の探偵業者へ相談するのも手段です。支払う金額が高額であるからこそ、業者選びは慎重に行ってください。

 

 

別れさせ屋へ依頼する前に、そもそも別れさせ屋の仕事内容はご存知でしょうか。この業界には、残念なことに悪徳業者が数多くあります。まずは、基本的な別れさせ屋の工作内容や金額を知り、その上で注意点を参考に選んでみてください。不当な契約を交わさないよう注意しましょう。あなたの依頼を叶え、理想の関係を構築できる業者は必ずあります。

今、別れさせ依頼が急増加の理由。 – 別れさせ屋工作